ときどき日記

まゆりえ工房 * Handmade gallery

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2冊で4,200円

4,000円分の図書カードがあるのだから、
2冊で4,200円なら悩まずに買えばいいとは思うのですが、
やっぱり書店で悩んでしまいました。

しかし結局はお買い上げ~

購入したのは
華麗なニット模様編み250

男のシャツの本
の2冊。

「華麗なニット~」は、CMにも出演中の
ニットの貴公子こと広瀬光治さんの本です。
これぞ日本ヴォーグ社の本とも言うべき、
模様編みのパターンだけを紹介したちょっとマニアックな本です。
使いこなせるかはどうかは脇に置いておいて、
美しい模様編みのパターンは見るだけでも結構楽しめます。

「男のシャツの本」は文化出版局の本で、以前から目を付けていました。
著者の嶋粼隆一郎さんは存じ上げませんが、
紹介されているシャツはどれも男前で尚且つ美しい。
実物大パターンが付いていますが、
素人に毛が生えたくらいの技術しか持ち合わせていない私が
これと同じように作れる訳が無い!
しかしシャツの襟やカフス、
使われる生地などについて丁寧に解説してあるので
お勉強になるのではと思っております。



本繋がりでちょっと別のお話を・・・。

私が入っている小学校のPTAサークル・おはなしの会が
今学期より朝読書に参加することになりました。
サークルの所属人数は少ないのですが、
月に1回程度、2名ずつの当番制なので
今日初めて当番が廻ってきました。

これは授業だ・・・。
毎週木曜日のお昼休みに
図書館で行っている読み聞かせとは全く雰囲気が違う。
「前へならえ!」「きょうつけ!」「おはようございます!」に始まり
正しい姿勢でお話を聞き、聞いた後は挙手をして感想を述べあう。
前のお当番さんから話を聞いてはいましたが
おばちゃん、ちょっと緊張しちゃったよ・・・。

ちなみに木曜日お昼休みの読み聞かせは
畳の上で和やかにお話を聞く
家庭での読み聞かせの延長のような雰囲気です。
スポンサーサイト
[ 2006/11/28 15:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。