ときどき日記

まゆりえ工房 * Handmade gallery

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

作家

今まで本屋大賞受賞作には全く興味がありませんでした。
しかし、今年の受賞作は少しだけ気になっておりました。
時代小説であるということ、
ライトノベルでデビューした作家さんである事などからです。
私の大好きな小野不由美さんとちょっとだけ似た臭いを感じたのです。

先日、新聞で冲方 丁さんのインタビュー記事を読んで更に気になり始めました。
デビューして15年経ち、
本屋大賞を受賞してやっと「作家」と名乗る気持ちになれたのだとか。

そうよね!
「作家」ってそれくらい重い言葉よね!!

冲方さんが「作家」という言葉にどういう考え方を持っているか
詳しくは書かれていなかったので、
勝手に私と同じだと思い込んでいるだけではありますけどね。

しつこいようですが、
ハンドメイドでちょっとオリジナル作品を作ると「作家」と呼ぶ風潮に
疑問を感じているのですよ。
「作家」ってそんなに軽い言葉なのかと。
確かな技術でオリジナリティー溢れる作品を作る人が「作家」なのではないかと。
だから私は「手芸オタク」です。
スポンサーサイト
[ 2010/05/21 10:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。