ときどき日記

まゆりえ工房 * Handmade gallery

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キルティング

朝のニュースで、子供の入園入学に必要な袋物を手作りするお母さんのための
お助けグッズを紹介していました。
手作り好きの私にとってはあまり魅力を感じない商品ばかりでしたが、
ミシンに向かうのは○年ぶり、でも我が子のために手作りしたいという方には
なかなか良い商品だと思いました。

しかぁしっ!
手芸屋さんが作っていた袋物のキット、どうしてキルティング生地なのっ!?
手作りのプロの手芸屋さんが、
キルティング生地が以外に縫い辛い事を知らないはずがないでしょう!?

1年前の日記にも書いたように記憶していますが、
袋物にはソフトデニムかツイルの方が、向いていると思います。
まず、キルティングは生地自体が3層になっているため、
仕立てるとなるとかなり厚みが出て縫いづらい。
しかも、アイロンがなかなか効かないので
曲がった縫い目のごまかしも効かないし、縫い代を割ったりする作業がし辛い。
そして、袋を使っているうちにキルティングしてある糸が切れたり抜けたりして
本体はどこも傷んでないのに見た目が汚くなる。
これに対し、ソフトデニムやツイルは適度な厚みで丈夫で扱い易く
アイロンが効くのできれいに仕上がります。
キルティングよりは薄いので、巾着袋の口も閉じるはずです。
学校や幼稚園から生地の指定を受けない限り、
絶対ソフトデニム&ツイルがお勧めです。

※注意
ソフトデニムですよ。ソフト!
普通のデニムだとキルティングより縫い辛いものもあるからネ。
スポンサーサイト
[ 2006/03/23 09:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。