ときどき日記

まゆりえ工房 * Handmade gallery

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

読書日記

いや~良かった
面白かった
文楽なんかさっぱり分からないのに
楽しめましたよ

仏果を得ず (双葉文庫)仏果を得ず (双葉文庫)
(2011/07/14)
三浦 しをん

商品詳細を見る

ほどほどの個性の主人公、若手太夫の健。
いや、不良少年が文楽の道に進む事自体、かなり個性的か!?
久しぶりに恋をしてちょっと道を外れそうになるものの
基本的には文楽バカで
恋する気持ちも芸の肥として成長してゆきます。

でも恋愛はそんな主軸でもなくて
あくまでも文楽で、
決まった相方を持たない三味線の兎一兄さんが
健が太夫としてちょっとずつ成長していく様をすぐ側で見て
二人で義太夫を極める決心をすると。

話の中に内子座が出てくるのも
愛媛県民としては良かった。

生で文楽観てみたい
近場なら、やっぱり内子座か!?
スポンサーサイト

ジャンル : 小説・文学
テーマ : 読書記録

[ 2012/08/21 09:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。